家計見直し

【iPhone12登場】AppleCare+は必要か?【不要です】

applecare

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

2020年10月、ついにiPhone12が発表となりました。

 

本日は、Appleユーザーの疑問「AppleCare+は必要か?」についてです。

結論としては、AppleCare+は不要だと考えます。

 

なぜなら、AppleCare+は保険の一種でコスパが悪いから。

本日は、わが家が「AppleCare+」に加入していない理由について解説します。

シン
シン
わが家はiPhone・MAC・iPadなどを保有していますが、AppleCare+は全て未加入です。
ポン
ポン
以下、詳しく解説していきます。

 

AppleCare+とは?

Apple製品には、もともと以下の保証とサポートがついています。

ほとんどのApple製ハードウェアには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償テクニカルサポートがついています。AppleCare+または
AppleCare Protection Planに加入して、保証とサポートをさらに延長しましょう。

(引用)Apple

 

iPhone12の場合、AppleCare+のサービスと料金は以下の通りです。

applecare+
(引用)Apple|iPhone12

シン
シン
保証期間は、iPhone購入日から2年です。
ポン
ポン
ユーザー責任のインシデントでも、以下のサービス料で修理・交換が可能です。
  • 画面の損傷:3,700円(税込)
  • 過失や事故によるそのほかの損傷:12,900円(税込)
  • 盗難または紛失:12,900円(税込)

iPhone12の場合、保証対象外の画面修理は30,400円となりますが、AppleCare+に加入していれば、3,700円の出費で済みます。

しかし、AppleCare+自体の料金が税込み約2万円なので、割高なサービスに感じます。

 

AppleCare+が不要な理由

それではなぜ、Apple製品の故障等について、AppleCare+(保険)で備えるべきではないのでしょうか。

 

まず保険とは、以下のような性質のものです。

保険とは

発生確率」は低いが、「経済的損失」が大きいリスクに備えるもの

例)死亡、住宅火災、交通事故で相手を死亡させてしまう など

シン
シン
不運にも、例のようなケースに遭遇してしまうと、経済的に人生が破綻します。
ポン
ポン
そのため「発生確率」は低くても、保険で備えるということです。

 

そこで、Apple製品のリスク(故障・盗難・紛失など)について考えてみましょう。

「発生確率」と「経済的損失」は、以下の通りでしょうか。

  • 発生確率:低い
  • 経済的損失:小さい
シン
シン
iPhone歴8年の私は、故障・盗難・紛失の経験は一度もありません。
ポン
ポン
スマホの故障・紛失は、保険で備えるべき「大損失」ではありませんよね。

 

そもそも発生確率が低いので、税込み約2万円のAppleCare+に加入しても、結局使わないことがほとんどだと思います。

もし、よく画面を割ってしまったり、紛失してしまう方は、何かしら別の原因があるはずです(笑)

シン
シン
ケースもフィルムもつけずに、画面がバキバキに割れている方、たまに見かけますよね。
ポン
ポン
何も対策をせず、いきなり保険で備えるのは、非常にもったいないです。

 

まとめ:AppleCareは不要!今すぐ解約して返金してもらおう

本日は、わが家が「AppleCare+」に加入していない理由についてでした。

なぜなら、AppleCare+は保険の一種でコスパが悪いから。

Apple製品の故障等は保険で備えるべきリスクではなく、万が一の際は貯金で対応します。

 

でも、もうAppleCare+加入しちゃってるよ。どうしよう?

こういった方も、安心してください。

以下の通り、解約・返金が可能です。

購入後30日以内にAppleCareプランを解約される場合は全額返金いたします。ただし、すでにご利用になったサービスの対価は差し引かせていただきます。

購入後31日以降にAppleCareプランを解約される場合は、プランの保証残存期間の割合に基づいて按分計算した金額から、すでにご利用になったサービスの対価を差し引いた残額を返金いたします。

(引用)Apple|AppleCare プランを解約する

 

シン
シン
キャリアの場合、ウェブ・電話・ショップでの手続きが可能です。

※docomoのHPには解約方法の案内がありませんが、「My docomoから」「電話で解約(151発信)」「docomoショップで解約」の3パターンが可能なようです。

 

以上、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

シン
シン
わが家はサイドFIRE(早期リタイア)を目指し、「家計見直し×転職・副業×資産運用」について発信しています。
ポン
ポン
たくさんの情報の中から、自分たちが考え実践したことを記事にしていますので、参考にしていただけると嬉しいです。
loadmap
【保存版】夫婦で目指すサイドFIREロードマップ【5,401文字で解説】わが家のサイドFIREロードマップについて紹介します。サラリーマン家庭における、ひとつの戦略として参考にしてもらえると嬉しいです。...