家計見直し

【2020年12月版】30代夫婦2人の家計簿【貯蓄率64.3%】

kakeibo_202012

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

本日は、2020年12月版「わが家の家計簿」を赤裸々に公開していきます。

 

わが家では家計の見直しに取り組み、年間の支出を100万円削減することができました。

ご自身の家計簿と比較いただき、「支出の多い・少ない」の確認など、参考にしてもらえると嬉しいです。

kakeibo
【体験談】家計簿で支出を見直したら年間100万円も節約できた話家計簿をつけ始め支出の見直しに取り組んだところ、年間100万円の節約に成功しました。忙しいサラリーマンでも簡単に取り組めるアクションプランを解説します。...
シン
シン
今月はありがたいことに、ボーナス等で収入が多い月となりました。
ポン
ポン
一方で臨時支出が重なり、久々に支出が45万円を超えたので、しっかり振り返っていきたいと思います。

 




【2020年12月版】わが家の収支と貯蓄率

今月の収入に対する貯蓄率は64.3%となりました。

バビロンの大富豪の教え「収入の1/10以上は貯蓄せよ」を堅守し続けています。

 

12月の収支をまとめると、以下の通りとなります。

12月の収支
  1. 収入=1,302,661円(夫婦合計の手取り)
  2. 支出=465,276円
  3. 貯蓄(①-②)=837,385円
  4. 貯蓄率(③÷①×100)=64.3%

シン
シン
家族構成などについては、以下を参考にしてください。
  • 30代前半
  • 夫婦2人暮らし
  • 夫:会社員、妻:パート
  • 家は社宅(家賃・火災保険は給与天引きのため支出に含まない)

 

12月の主要な支出について振り返り

全ての支出の内訳は、以下の通りでした(マネーフォワードより)。

マネーフォワード項目金額割合
①衣服・美容130,729円28.1%
②特別な支出115,480円24.8%
③食費76,999円16.6%
④交際費57,128円12.3%
⑤通信費22,625円4.9%
⑥日用品16,706円3.6%
⑦健康・医療15,130円3.3%
⑧水道・光熱費13,017円2.8%
⑨教養・教育7,732円1.7%
⑩その他5,850円1.3%
⑪交通費3,880円0.8%
ポン
ポン
うちトップ5を中心に振り返っていきます。

①衣服・美容:130,729円(28.1%)

12月は珍しく「衣服・美容」がトップにランクインしました。

夫シンが髭脱毛を始め、一括で料金を支払った影響がほとんどです(笑)

内訳
  1. 夫シンの髭脱毛:108,900円
  2. 美容室:11,850円
  3. 衣服:9,979円

シン
シン
1年で約30時間(1日5分)も髭剃りに時間を費やしていることがわかったので、脱毛を決心しました。
ポン
ポン
早く脱毛が終わって、QOLが上がると良いですね。

 

なお、クリニックは、銀座・大阪・名古屋でのみ展開している、ドクターコバにしました。

ゴリラクリニックや湘南美容クリニックとも比較しましたが、店舗展開や広告にお金をかけていない分、安価なところに惹かれました。

 

②特別な支出:115,480円(24.8%)

次も珍しく、「特別な支出」です。

内訳
  1. 電動昇降式デスク:64,600円
  2. iPhone SE(第2世代):49,280円
  3. 置くだけ充電器:1,600円

シン
シン
電動昇降式デスクは、座りすぎによる前立腺炎と診断されたので、思い切って購入しました。
ポン
ポン
ここのところ、朝活&テレワークで一日中座っていましたからね。

 

デスクはネットでも評価の高い、FlexiSpotのE7にしました。

今は立ち作業6割、座り作業4割ぐらいでやっています。

適度に足腰にも負担がかかり、作業にも問題なく集中できるので、本当に買ってよかったと思っています。

desk
(引用)FlexiSot E7

 

その他にも、夫シンが楽天モバイルに乗り換えたため(後述)、この機会に楽天に対応しているiPhone SEを購入しました。

デスク周りを強化するため、ついでに置くだけ充電器も買っちゃいました。

 

 ③食費:76,999円(16.6%)

次に「食費」です。

年末の休暇もあったので、少々いつもより高めでした。

内訳
  1. スーパー代:55,089円
  2. 外食:21,910円

シン
シン
スーパーでは、食品と一緒にマスクなどの日用品を買うこともあるので、実はどんぶり勘定となっています。
ポン
ポン
家計簿のためにお店を分けるのも面倒なので、食費が高めに算出されても気にしていません。

 

わが家の場合、夫婦の価値観MAPでもすり合わせていますが、幸せな人生を送るために「食」を重要視しています。

そのため食費のウェートが高いですが、必要な出費+人生を豊かにする浪費として、割り切っています。

将来サイドFIREを目指しているものの、その蓄財の手段として「食費を切り詰める」ことは考えていません。

die_with_zero
【FIRE論】DIE WITH ZEROから学ぶ「蓄財と浪費」のバランス最近、YoutubeやTwitterでも話題になっていた「DIE WITH ZERO(ゼロで死ね)」を読みました。サイドFIREを目指す上で、本書に学び行動したことを紹介します。キモは「蓄財と浪費」のバランスだと考えます。...

 

④交際費:57,128円(12.3%)

「交際費」も臨時出費のひとつです。

内訳
  1. 冠婚葬祭:50,000円
  2. 両親への贈り物:7,128円

シン
シン
12月はお歳暮シーズンでもあったので、それぞれ両親へ贈り物をしました。
ポン
ポン
喜んでもらえたようで、よかったです。

⑤通信費:22,625円(4.9%)

今月は夫シンが、ワイモバイルから楽天モバイルにMNPしたため、通信費がかさみました。

内訳
  1. スマホ代:18,665円
  2. ネット固定回線代:3,960円

シン
シン
’19年10月以前の旧料金プランだったため、解約手数料+MNP手数料をふんだんに取られてしまいました。
ポン
ポン
それでも楽天モバイルは1年間無料なので、じゅうぶんに元が取れますね。
rakuten_mobile
【スマホ料金プラン】わが家がドコモ「ahamo」ではなく楽天モバイルを選んだ理由2020年12月にドコモから月額2,980円の料金プラン「ahamo」が発表されました。そんな中わが家は楽天モバイルへ乗り換えました。1年間無料の破壊力は大きく、通信・通話品質も必要十分なので、特別な理由がない限り、楽天モバイルにしておけばOKだと思います。...

 

なお、楽天モバイルに乗り換えることで楽天ひかりも無料となるキャンペーンをやっていますが、以下の理由から様子見中です。

  • 今の固定回線の解約手数料が高い(楽天は無料なので元は取れますが…)
  • テレワークが多いため、安定している今のネット環境を変えることに躊躇

 

その他(雑費)

雑費はクレジットカードの年会費、マネーフォワードのプレミアムプラン料金、iCloudのストレージ容量UPの課金などです。

 

なお、楽天ゴールドカードの年会費も引き落とされていました。

1/14に楽天市場のSPUが+4%から+2%に改悪されることが発表され、Twitterでも話題になっていましたね。

シン
シン
わが家は「せどり」をしませんし、楽天市場での買い物もそう頻繁にはしないので、大きな影響はありません。
ポン
ポン
楽天ふるさと納税時のポイント還元率が悪くなるので、その点はちょっと残念ですね。

 

まとめ:家計簿をつけて毎月の振り返ろう

本日は2020年12月版の家計簿を公開しました。

ボーナス月なので「貯蓄率80%超えるといいな〜」なんて安易に考えていましたが、臨時出費が重なり貯蓄率は64.3%でした。

しかし臨時出費も、必要な出費や自己投資と言えるものばかりだったかなと思います。

 

また、貯蓄したお金については、資産運用に回します。

これまで複数のインデックスファンドに投資をしていましたが、理論上非効率だということがわかったので、現在見直し中です。

今回は一括投資をするつもりなので、一通り作業が終わったらまた記事にしたいと思います。

 

もしここまで読んでいただけた方は、ぜひ毎月ご家庭の支出を把握してみてください。

自分たちの価値観に沿って、使う・倹約するのバランスをとることで、資産形成をしながらも満足度の高い生活ができます。

シン
シン
すでに家計の見直しに取り組んでいる方、これからは始める方も、一緒に頑張りましょう。
ポン
ポン
少しでも参考になれば、嬉しいです。