家計見直し

【2021年2月版】30代夫婦2人の家計簿【貯蓄率74.5%】

kakeibo_202102

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

本日は、2021年2月版の「家計簿」を赤裸々に公開していきます。

 

わが家では家計の見直しに取り組み、年間支出を約100万円削減することができました。

ご自身の家計簿と比較いただき、参考にしてもらえると嬉しいです。

kakeibo
【体験談】家計簿で支出を見直したら年間100万円も節約できた話家計簿をつけ始め支出の見直しに取り組んだところ、年間100万円の節約に成功しました。忙しいサラリーマンでも簡単に取り組めるアクションプランを解説します。...

 

シン・ポン
シン・ポン
よろしくお願いします。

 




【2021年2月版】わが家の収支と貯蓄率

2月の貯蓄率は74.5%となりました。

年末調整による所得税の還付でいつもより収入が多く、緊急事態宣言下で特に支出もなかったので、直近で最高の貯蓄率となりました。

 

収支をまとめると、以下の通りです。

1月の収支
  1. 収入=485,187円(夫婦合計の手取り)
  2. 支出=123,792円
  3. 貯蓄(①-②)=361,395円
  4. 貯蓄率(③÷①×100)=74.5%

シン
シン
家族構成などについては、以下を参考にしてください。
  • 30代前半
  • 夫婦2人暮らし
  • 夫:会社員、妻:パート
  • 家は社宅(家賃・火災保険は給与天引きのため支出に含まない)

 

2021年2月の主要な支出について振り返り

全ての支出の内訳は、以下の通りでした(マネーフォワードより)。

マネーフォワード項目金額割合
1食費52,913円42.74%
2日用品14,974円12.10%
3水道・光熱費11,605円9.37%
4健康・医療11,440円9.24%
5教養・教育8,680円7.01%
6通信費6,977円5.64%
7趣味・娯楽4,843円3.91%
8交通費3,880円3.13%
9交際費3,200円2.58%
10衣服・美容2,900円2.34%
11その他2,380円1.92%
ポン
ポン
うちトップ5を中心に振り返っていきます。

 

 ①食費:52,913円(42.74%)

食費は大体いつもと同じぐらいでした。内訳は以下の通りです。

  1. スーパー代:49,513円
  2. 外食:3,400円
シン
シン
他の支出が少なかったので、約43%が食費になりました。
ポン
ポン
スーパーでの買い物代も、相変わらず5万円強となっています。

 

最近はTwitterでも少し料理の写真を公開し始めましたが、自宅で料理するのが趣味だったりします。

そのため食費のウェートが高いですが、必要な出費として割り切っています。

 

②日用品:14,974円(12.1%)

日用品は細かい生活必需品を寄せ集めた金額です。

妻の化粧品をまとめ買いしたので、いつもよりは高めでした。

 

③水道・光熱費:11,605円(9.37%)

2月は水道費の請求がない月でした。

また、楽天ガスに切り替えた影響かガス代の請求がきておりません…

11,605円の出費は「電気」のみとなります。

シン
シン
公私含めて家にいることが多かったですし、多少電気代が高くつくのは仕方ないですね。
ポン
ポン
ガス代の請求については、次月以降ウォッチしていきます。

 

(参考)水道光熱費の世帯平均

世帯平均備考
水道4,058円(引用)
e-Stat|政府統計の総合窓口
<用途分類>1世帯当たり1か月間の収入と支出
総世帯 2019年
電気9,100円
ガス4,235円

 

④健康・医療:11,440円(6.78%)

わが家は歯医者など、夫婦揃って通院が多めなので、それなりに医療費がかかります。

また、夫シンは前立腺炎と診断され治療中です。

※座りすぎ(朝活&テレワーク&運動不足)により、骨盤内の血流が悪化することで前立腺が肥大しているそうです。

シン
シン
今は立ち作業&程度な運動を実践していますが、なかなか治りにくい症状らしく、継続療養中です。
ポン
ポン
座りすぎに心当たりのある男性の方は、お気をつけください。

 

⑤教養・教育:8,680円(7.01%)

こちらは書籍代や学びに関する支出もろもろです。内訳は以下の通りです。

  1. 書籍代(7冊):6,680円
  2. リベシティ会員費:2,000円

 

ちなみにリベシティ会員については、2月いっぱいをもって解約しました。

理由は以下の2点です。

  1. 学長マガジンを読むためだけのROM専だった
  2. 学長マガジンの内容も一巡して内容のパターンが見えてきた
シン
シン
必要な情報は十分いただき、対価も払ったので、ここで見切りをつける判断をしました。
ポン
ポン
書籍代が7冊で6,680円と安いのは、Kindleのセールなども活用しながら購入しているためです。

 

その他

トップ5以外で主要な支出があれば、毎月「その他」として記載しています。

2月は特にトピックスはありませんでした。

 

まとめ

本日は2021年2月版の家計簿を公開しました。

年末調整の還付金があったり、緊急事態宣言の影響で支出が少なかったこともありましたが、貯蓄率は自分たちでも驚きの74.5%となりました。

これまで固定費を削減してきた成果を実感しています。

 

貯蓄したお金については堅実に資産運用していきます。

わが家の投資手法については、以下の記事にまとめています。

investment_vti
【VTI80:現金20】わが家の投資手法とアセットアロケーション【VTI80:現金20】のシンプルなインデックス投資を実践するわが家。その投資手法とアセットアロケーションについてまとめました。...

 

ちなみに現在は、目標の資産配分【VTI80:現金20】に対して、現金比率が少なめです。

円安・株高によりVTIの時価が高くなっているからです。

そのため今月の貯蓄については、預貯金に回します。

performance_202102
【2021年2月版】インデックス投資実績【VTI・楽天VTIのみ】【VTI80:現金20】のシンプルなインデックス投資実績です。2021年2月末のリスク資産(VTI・楽天VTI)総額は、1158.2万円(含み益+50.5万円)となりました。...

 

今後も、「貯める・増やす」と「使う」のバランスを意識しながら、今も楽しみつつ将来に向けた蓄財を続けていきたいと思います。

シン
シン
すでに家計の見直しに取り組んでいる方、これからは始める方も、一緒に頑張りましょう。
ポン
ポン
少しでも参考になれば、嬉しいです。