雑記(ブログ運営ほか)

【2021/1/30~2/1セール中】Kindle PaperwhiteをiPadと比較

kindle_paperwhite

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

本日はわが家が愛用している電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」についてです。

ポン
ポン
先日Twitterでご質問いただいたので、記事にしました。

 

ビジネスマンとしても、投資家としても欠かせない読書。

読書が習慣になると、本の置き場に困らず1〜2割引で買える電子書籍がマストアイテムになりますが…

KindleとiPadどっちがいいんだろう?

こう考える方も多いようです。

シン
シン
私もKindle Paperwhiteを買った時は悩みました。

 

結論としては、夜・寝る前に読書をする方は「Kindle Paperwhite」をおすすめします。

その他の時間帯にしか読書をしない方は、他にも用途があるiPadの方がいいでしょう。

わが家は両方とも1年以上使っており、以下の通り使い分けています。

  1. 日中の読書:iPad mini(第5世代)
  2. 夜・寝る前の読書:Kindle Paperwhite(第10世代)
ポン
ポン
用途によって向き・不向きがありますので、以下参考にしていただけると嬉しいです。

Kindle Paperwhite VS iPadを比較

kindle_ipad

Kindle PaperwhiteとiPadどちらかで悩む際、以下の5つが比較項目になってきます。

わが家なりの評価を、以下にまとめてみました。

比較項目Kindle
Paperwhite
iPad
①書籍のみやすさ書籍によっては見にくい見やすい
②動作のサクサク感もっさり感ありサクサク動作
③目への優しさ優しい優しくない
④防水機能ありなし
⑤お値段13,980円〜38,280円〜
(無印iPadの場合)
シン
シン
以下で、それぞれ詳しく解説していきます。

①書籍のみやすさ

書籍のみやすさは、画面が大きいiPadが有利です。

Kindle Paperwhiteも単行本やビジネス書など、文字中心の本なら問題ありません。

一方で実用書など、イラストが多い本などは、Kindle Paperwhiteでは読みにくいのが実態です。

シン
シン
以下、”お金の大学”のあるページで比較してみました。
ポン
ポン
画像を拡大してみるとよくわかりますが、iPadの方が断然見やすいです。
kindle_ipad2

 

②目への優しさ

Kindle Paperwhite最大のメリットは、目への優しさにあります。

Amazonの商品ページでは、以下の通りメリットが謳われています。

Kindle Paperwhiteは本物の紙のような読み心地のe-inkスクリーンを搭載しています。300ppiの高解像度で小さな文字もくっきりキレイ。目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく快適。

(引用)Amazon|Kindle Paperwhite

 

Kindle PaperwhiteはiPadなどのタブレット端末と比較し、ディスプレイが全く違います。

紙を再現したものになっており、ブルーライトがほとんどでないのが特徴です。

シン
シン
私は寝る前の30分に読書をしていますので、Kindle Paperwhiteが欠かせません。
ポン
ポン
ブルーライトは睡眠の質を落としますからね。

 

③動作のサクサク感

Kindle Paperwhite最大のデメリットは、動作がもっさりしている点です。

最近のスマホ・タブレットと比較してしまうと、サクサク感が足りません。

実際の動作を動画にしてみました。

ポン
ポン
初めて動画撮影・編集にもチャレンジしてみました。
シン
シン
寝る前のゆったり読書なら気にならないのですが、通勤時や日中の読書にはちょっとストレスです。

 

④防水

Kindle Paperwhiteには防水機能がついています。

そのため、お風呂で読書をする方にはおすすめです。

ポン
ポン
わが家はお風呂で読書をしないので、防水なしでも問題ありません。

 

⑤値段

値段は、読書に特化している分Kindle Paperwhiteの方が安いです。

  1. Kindle Paperwhite 8GB広告あり:13,980円
  2. Kindle Paperwhite 8GB広告なし:15,980円
  3. iPad 無印 32GB:税込38,280円
  4. iPad mini 64GB:税込50,380円
  5. iPad Air 64GB:税込69,080円
シン
シン
しかし、iPadなどのタブレット端末は他にもたくさんの機能があります。
ポン
ポン
ネットサーフィンやyoutube視聴などもかねたい方は、iPadなどタブレット端末の方が便利ですね。

 

Kindle Paperwhiteはマコなり社長と両学長もおすすめしている

ここまでKindle Paperwhiteについて、わが家なりの評価をお伝えしてきました。

最近では、インフルエンサーの方もKindle Paperwhiteをおすすめしています。

シン
シン
以下、マコなり社長や両学長もおすすめ動画をあげています。
ポン
ポン
読書家でもあるお二人がおすすめしているので、良いものであることには間違いありませんね。

 

【2021年1月30日〜2月1日】タイムセール祭りに登場予定

Kindle Paperwhiteは、Amazonのセール時に大幅な値下げが期待できます。

 

次のセールは、2021年1月30日(土)9:00〜2月1日(月)23:59までの開催となっている「タイムセール祭り」。

Kindle Paperwhiteが対象となっており、「対象のKindle購入で500ポイントプレゼント」されるそうです。

 

なお、2019年のサイバーマンデーでは、Kindle Paperwhiteが6,000円引きで販売されていました。

  • 8GB 広告付き:7,980円(通常13,980円)
  • 8GB 広告なし:9,980円(通常15,980円)
ポン
ポン
おそらく今回も値引きが大きいので、タイムセール祭りを楽しみに待ちましょう。
シン
シン
また、2,000円の差はありますが、広告なしの方をおすすめします。

 

まとめ

本日は、電子書籍リーダーとして「Kindle Paperwhite」と「iPad」どちらが良いかについてでした。

 

結論としては、夜・寝る前に読書をする方は「Kindle Paperwhite」をおすすめします。

その他の時間帯にしか読書をしない方は、他にも用途があるiPadの方がいいでしょう。

シン
シン
Kindle Paperwhiteのもっさり感も、寝る前のゆったり読書であればそう気になりません。
ポン
ポン
それ以上に、ブルーライトがほとんど出ない恩恵が大きいですよね。

 

Kindle Paperwhiteを使った寝る前の読書は、学びにもなるし、自然に眠たくなるので本当におすすめです。

ハイライトした文字はクラウドに保存されるので、忘れる心配もありません。

 

もし、どちらか1台だけを選ぶとしたら、iPadの方がおすすめです。

画面が見やすく、サクサク動作で、他の用途でも使えるからです。

しかしながら、突き詰めていくと、わが家のように二刀流がベストかと考えています。

シン
シン
そもそもKindle本は、書籍代が1〜2割安いので。
ポン
ポン
30〜40冊読めばKindle Paperwhiteの元は取れちゃいますよね。

 

なお、楽天経済圏の方は、Kindleでなくて「楽天Kobo」でもいいと思います。

調べた感じほとんど差はなさそうですので、好みの問題かと。

わが家は楽天経済圏移行前からKindleを使っていたので、そのままKindle派です。

シン
シン
わが家がKindleで読んでいる、おすすめの本も紹介しておきます。
recommend_book
【厳選】サラリーマンの人生を変えるお金の攻略本【おすすめ7選】 シンとポンです。 本日は、サラリーマンの人生を変える「お金の本」についてです。 Twitterでも本に関する...

 

シン・ポン
シン・ポン
以上、以上、シンとポンでした。