雑記(ブログ運営ほか)

日本人の332.2万人(2.64%)はミリオネア【サラリーマンも目指せる?】

millionaire

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

先日クレディ・スイスが「2020年グローバル・ウェルス・レポート」を発表しました。

このレポートによると、日本人ミリオネア(億万長者)は、332.2万人(人口の2.64%)も存在することが報告されています。

シン
シン
知らないだけで、きっと私たちの身近な人にも、ミリオネアがいるということですね。
ポン
ポン
これまでミリオネアなんて、実業家・大株主・地主ぐらいだと思っていました。

 

この結果を踏まえて、本日わが家がお伝えしたいことは、以下の2点です。

  1. サラリーマンでもミリオネアは狙える
  2. ミリオネアは狙わずに「サイドFIRE」もアリ

以下、詳細に解説していきます。

シン・ポン
シン・ポン
よろしくお願いします。

サラリーマンでもミリオネアは狙える

こう言うと、多くの方が「嘘つけ!」と思われるかもしれませんが(笑)

貯める力×稼ぐ力×増やす力を伸ばせば、サラリーマンでもミリオネアを狙える水準で蓄財は可能です。

現に一般的なサラリーマンの方でも、ミリオネアを達成した人がいるのは事実です。

 

まずは、ざっと以下の家庭(条件)でシミュレーションしていきましょう。

世間一般的には超優良家計ですが、夫婦共働きなら不可能な数字ではないと思います。

条件
  1. 30歳夫婦共働き
  2. 貯金:1,000万円
  3. 世帯収入:600万円(手取り)
  4. 生活費:年340万円
  5. 年間貯蓄:260万円

シン
シン
出世して収入が増えたり、子供が増えて支出が増えたりはあると思います。
ポン
ポン
でも今回は分かりやすさ重視で、年金受給開始までの家計の平均を上記とします。

 

この条件の場合、貯蓄で金融資産1億円を達成するには、あと9,000万円必要です。

65歳まで働くとした場合、年あたり257万円(9,000万円÷35年)の貯蓄ができれば、晴れてミリオネアの仲間入りです。

シン
シン
この家庭の場合、毎年の貯蓄は260万円なのでミリオネア達成が見込めそうです。

 

また、上記は「貯蓄」だけで資産形成をする、修行のような(笑)単純シミュレーションです。

年250〜260万貯蓄できる家計なんてそうそうないよ。結局ミリオネアなんて無理ゲー。

こう考える方も多いかもしれません。

 

ですが、副業で収入を増やし、さらに資産運用によってお金が増えたらどうでしょうか。

シン
シン
お金には複利の力で自己増殖するチカラがありますからね。
ポン
ポン
35年間毎月インデックスファンドにつみたてをし、平均年利が4%だった場合、以下の通りとなります。

rakuten_simulation(引用)楽天証券|積立かんたんシミュレーション

  1. 投資元本:2,100万円
  2. 運用益:約2,467万円
  3. 税引後運用益:約1,967万円

 

35年間、「愚直に5万円/月のつみたてを続けること」が条件になりますが…

これでミリオネア達成に必要な1億円のうち、約2,000万円は準備できたことになります。

ポン
ポン
でも、65歳まで蓄財を続けてミリオネアを達成しても果たして幸せなのでしょうか?
シン
シン
そこでオススメなのが「サイドFIRE」です。

ミリオネアは狙わずに「サイドFIRE」を目指す方がおすすめ

人間、高齢になるとお金を使う機会は自ずと減っていきます。

お金を貯めることが目的になってしまい、60歳で使いきれないほどの資産を築いても、果たして幸せな人生だったと胸を張れるでしょうか。

 

そこでわが家は、資産を拡大していくのは40代でブレーキをかけ、「サイドFIRE」を目指します。

FIREとは?

FIREFinancial Independence, Retire Earlyの略
経済的独立、早期退職のこと

シン
シン
サイドFIREとは、支出の全てを資産収入でまかなうのではなく、半分ぐらいは副業などで稼いじゃえ!というものです。

 

世界のFIRE界隈では、FIREの達成には「生活費25年分の金融資産が必要」という目安があります。

一方サイドFIREの場合、生活費の半分を副業などで自分で稼ぐことにより、リタイア時の必要な金融資産は半分で済みます。

 

早期リタイア時に必要な資産は、年間の生活費別にまとめると、ざっと以下の通りです。

年間の生活費FIREに
必要な金融資産
サイドFIREに
必要な金融資産
300万円7,500万円3,750万円
350万円8,750万円4,375万円
400万円10,000万円5,000万円
ポン
ポン
ミリオネアを狙える水準で蓄財すれば、サイドFIREなら40代〜でも実現できそうですね。

 

サイドFIREついては、リベ大両学長が詳しく解説してくれています。

もしこの考え方を「初めて知った!」と言う方は、以下の動画をご参照ください。

 

また早期リタイアしてしまうと、金融資産が底をつきそうで不安!と言う方もいらっしゃると思います。

ですが、トリニティ大学の研究では、以下の結果が導き出されています。

  • 株式:債券=50:50のポートフォリオを組み
  • 取り崩し率を資産総額の年4%に設定すると…
  • 30年後に資産が残っている確率96%
シン
シン
いわゆる4%ルールというヤツです。30年後には、リタイア時の残高よりさらに増えるケースもあると報告されています。
ポン
ポン
複利によるお金の自己増殖はすごいですね。詳細は、以下のリベ大の動画が分かりやすいです。

まとめ

本日は、日本にはミリオネアが332.2万人(人口の2.64%)もいることを踏まえ、以下についてお伝えしました。

  1. 会社員でもミリオネアは狙える
  2. ミリオネアは狙わずに「サイドFIRE」もアリ

 

会社員でも、それなりの収入と倹約を維持できれば、ミリオネアは射程圏内です。

米国のミリオネア1,371人を調査した以下の書籍でも、収入の10〜15%を以上を貯蓄(※)する倹約を続ければ、誰でも億万長者は達成できるとされています。

※正確には平均年収の2倍が必要だが「共働きで解決」との補足あり。

 

ですが、ミリオネアを人生のゴールに置いてしまうと、投資や副業がバズらない限り、定年前後まで地道な蓄財レースを続けることになります。

そういった意味でも、蓄財レースは途中でやめ、サイドFIREをすることで、人生の満足度・幸福度が高められるケースもあると思います。

 

サイドFIREを実現するには、「収入ー支出」を最適化し、資産を運用してお金を増やしていく必要があります。

この辺りの戦略は、人によってさまざまです。

わが家なりの取り組みも以下にまとめていますので、よければ参考にしてください。

loadmap
【保存版】夫婦で目指すサイドFIREロードマップ【5,401文字で解説】わが家のサイドFIREロードマップについて紹介します。サラリーマン家庭における、ひとつの戦略として参考にしてもらえると嬉しいです。...

シン
シン
サイドFIRE目指す方は、ぜひ一緒に頑張りましょう。
ポン
ポン
Twitter(@ShinPon_Money)でも発信をしていますので、ぜひ遊びにきてください。