家計見直し

【2021年2月版】インデックス投資実績【VTI・楽天VTIのみ】

performance_202102

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

わが家は【VTI80:現金20】のシンプルな資産運用(インデックス投資)を実践しています。

 

投資の目的(理由)は、以下の通りです。

  1. 老後の経済的不安を解決したい
  2. 余裕資金でサイドFIREしたい
  3. 余裕資金は銀行預金より高い金利で運用したい
シン
シン
わが家は30代なので、今は資産形成期真っ只中です。
ポン
ポン
「今」も楽しみながらバランスよく蓄財し、サイドFIREを達成することが目標です。
loadmap
【保存版】夫婦で目指すサイドFIREロードマップ【5,401文字で解説】わが家のサイドFIREロードマップについて紹介します。サラリーマン家庭における、ひとつの戦略として参考にしてもらえると嬉しいです。...

 

現在は家計見直しのおかげもあって、順調に余剰資金を投資に回せています。

リスク資産(VTI・楽天VTI)の運用総額は、1,150万円を超えました。

 

一般家庭の投資戦略と、その結果として参考にしていただければ嬉しいです。

シン・ポン
シン・ポン
よろしくお願いします。

 

わが家の資産運用方針

2021年〜ポートフォリオを整理し、わが家の投資先はVTIのみとなりました。

生活防衛資金300万円を除いた資産を、【VTI80:現金20】で運用しています。

※生活防衛資金は夫婦で話し合って手厚くとっています、ここの匙加減は人それぞれですね。

my_assetallocation
シン
シン
特定口座ではVTI、つみたてNISAでは楽天VTIに投資しています。
ポン
ポン
楽天VTIの一部は、特定口座でも保有しています。

 

既にアセットアロケーションの範囲内で、VTI・楽天VTIへの投資は済んでいます。

そのため、今後の追加投資の方針は以下の通りです。

  1. 毎月つみたてNISAで66,666円分の「楽天VTI」を購入(夫婦2人分)
  2. VTI80:現金20の比率が崩れ、現金比率が高まった時だけ「VTI」を購入(比率の確認は月末に一度だけ)
investment_vti
【VTI80:現金20】わが家の投資手法とアセットアロケーション【VTI80:現金20】のシンプルなインデックス投資を実践するわが家。その投資手法とアセットアロケーションについてまとめました。...

 

【2021年2月】VTI投資実績

結果は以下の通りとなりました(2/27時点での評価額)。

ファンド価格(含み益)保有数量
VTI955.6万円(+9.0万円450口
楽天VTI203.2万円(+41.5万円多すぎるので割愛

 

アセットアロケーションは以下の通りです。

202102_assetallocation
シン
シン
ほぼ目標の【VTI80:現金20】となっています。
ポン
ポン
現金比率が20%以下なので、VTIのスポット購入はしません。

 

リスク資産(VTI・楽天VTI)の推移は以下の通りです。

202102_transition

 

まとめ

2021年2月末でのリスク資産(VTI・楽天VTI)は、総額1158.2万円(含み益+50.5万円)となりました。

 

今月はコロナ禍の金融緩和の影響もあり、日経平均は一時30,000円台まで復調、米ダウも過去最高値を付けた月でした。

月末には調整局面を迎えており、Twitterでは「おはぎゃ〜」とか「今が買い場!」などとかなり盛り上がっていましたね(笑)

 

わが家には相場を読むことができませんし、引き続きアセットアロケーションを重視した長期投資を実践していきます。

上記実績の通り、現在は【VTI80:現金20】に対して若干現金比率が高めです。

つまり、わが家にとって今は「買い」ではありません。

シン
シン
現金が貯まり、現金比率20%より高くなったら、その際VTIを購入(VTI80:現金20へリバランス)します
ポン
ポン
もっと相場が下落してVTIの価格が下がった場合も、リバランスのタイミングになりますね。
assetallocation
【インデックス投資】成果の約9割はアセットアロケーションで決まる!?分散されたポートフォリオ(インデックスファンド)の長期投資において、運用成果の9割はアセットアロケーションで決まると言われています。要するに「いつ?どのファンドに投資するのか?」はそう重要ではないのです。なんとなくドルコスト平均法をやっている方は、一括投資を検討してみてはいかがでしょうか。...

 

今後も市場の上げ下げに一喜一憂せず、楽しみながら、規律ある投資を続けていきたいと思います。

 

シン・ポン
シン・ポン
以上、シンとポンでした。