家計見直し

【スマホ料金プラン】わが家がドコモ「ahamo」ではなく楽天モバイルを選んだ理由

rakuten_mobile

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

2020年12月になり、NTTドコモから月額2,980円の料金プラン「ahamo」が発表されました。

あれ、楽天モバイルにしようと思っていたけど、料金が一緒なら天下のdocomo様の方がいいんじゃね?

こう思い始めた方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中わが家は、2020年12月に楽天モバイルへMNPしました(まずは夫シンだけですが)。

理由は以下の通りです。

  1. プラン料金が1年間無料
  2. SPU+1倍
  3. 通信・通話品質も必要十分

 

とにかく1年間無料の破壊力は大きく、楽天経済圏の方にとってSPU+1倍も非常嬉しいです。

通信・通話品質も必要十分なので、特別な理由がない限り、楽天モバイルにしておけばOKだと思います。

シン
シン
本記事では、「ahamo」の登場によって迷いが生じている方の後押しができればと思います。
ポン
ポン
よろしくお願いします。

ドコモ「ahamo」と楽天「RAKUTEN UN-LIMIT」の比較

ここはあまり重要ではないので、サクッとTwitterから引用します。

細かく比較すれば色々と違いはありますが、個人のプライベート用途であれば「どんぐり背比べ」だと思うからです。

ポイントは「どちらも料金が安い」ことにつきます。

シン
シン
そうは言っても、「楽天のデメリット」が目につく方も多いと思います。実際に1週間使ってみての感想をまとめました。

楽天モバイルのデメリットに関する感想

楽天モバイルのデメリットとしては、主に以下が有名です。

  1. 通信・通話品質が悪い場合がある
  2. 楽天回線(使い放題)エリアが限られている

 

まず、①通信・通話品質ですが、実際に使ってみた感じ大きな問題はありませんでした。

 

通信速度は、楽天回線エリア・パートナー(au)回線エリア共に、下り速度20Mbps〜40Mbpsは出ています。

通勤電車でも使ってみましたが、ネットサーフィンなら全然問題ありません。

 

通話については、以下の通りツイートしましたが、1点だけ欠点を発見しました。

とは言っても、普段はあまり通話をしませんし、通話してもLINEを使う程度なので、1年無料であることを考えれば許容範囲です。

シン
シン
いざとなれば一時的にWi-Fiオフにすれば使えますしね。

 

②楽天回線(使い放題)エリアについても、特に支障はありませんでした。

わが家は「楽天回線拡大予定エリア」に住んでおり、パートナー(au)回線しか使えませんが、月5GBまでは無料なので必要十分です。

なお、au回線とのローミング(相互乗り入れ)は順次終了し、楽天回線に切り替わっていく予定です(東京の場合’21年4月〜予定)。

ポン
ポン
うまく楽天回線への切り替えが済み、支障がないよう祈っています。

楽天モバイル「1年無料」の注意点

楽天モバイル「RAKUTEN UN-LIMIT」の注意点は、1年無料キャンペーンが300万人限定となっている点です。

現在の契約数は、すでに160万回線を突破しています(2020年11月12日楽天決算会見より)

 

「ahamo」も捨てがたいな〜、どうしよう?

なんてのんびりしていると、いつの間にかキャンペーン終了ということもあり得るわけです。

ポン
ポン
早めに決断をした方がよさそうですね。

乗り換え時は「契約解除料(罰金)」にビビらないこと

スマホを乗り換える際に負担となるのが、いわゆる「2年縛り」による契約解除料です。

最近は行政の働きかけにより、無料化が進んでいる途中ですが、旧料金プランの方はこの制約を受ける方がいらっしゃいます。

 

ですが、この手数料(罰金)にビビってはいけません。

トータルで見れば手数料(罰金)を払ってでも、乗り換えた方がお得な場合も多いからです。

シン
シン
私もワイモバイル→楽天モバイルへ乗り換えにあたって、契約解除手数料9,500円+MNP手数料3,000円がかかりました。
ポン
ポン
ですが楽天モバイルは1年無料なので、数ヶ月でこの手数料分の元は取れちゃいます。

 

これは、リベ大@両学長がよく言われている、「ノーペイン・ノーゲイン(犠牲なくして成功なし)」の考え方です。

シン
シン
犠牲を差し出すのが先で、その後にメリットを得られるということですね。

まとめ

本日は、ドコモ「ahamo」が登場しスマホ料金の競争が激化する中、わが家が楽天モバイルを選んだ理由について解説しました。

 

現在、スマホ業界は大きな変革期を迎えています。

1年後スマホ料金プランがどのように変化しているかは全く読めません。

そのため、楽天モバイルを「1年間無料」で使いながら動向を見守るのが1番合理的だと考えます。

シン
シン
1年前には、誰もドコモから月額2,980円のプランが出てくるとは想定もしていませんでしたよね。

 

また、このドコモの仕掛けに対して、楽天の三木谷さんも黙ってはいないでしょう。

楽天は「楽天経済圏」への入り口として、このモバイル事業に注力しています。

楽天ユーザーを引き止める、次なる一手に期待したいところです。

ポン
ポン
楽天の今後の対策にも目が離せませんね。

 

シン・ポン
シン・ポン
以上、参考になれば嬉しいです。