家計見直し

【驚愕】格安SIMでスマホ代を年12万円を節約する方法【体験談】

smartphone

シン&ポンです。

本日は一般サラリーマン家庭が必ず実施すべき「格安SIMへの移行」についてです。

 

毎月のスマホ代が夫婦ふたりで15,000円と高すぎる。何とか安くならないの?

 

多くの家庭では、スマホの通信費にこんな悩みを抱えていると思います。

でも、なんとなく慣れ親しんだ3大キャリア(docomo、au、softbank)は安心で、乗り換える手続きも面倒なイメージがありますよね。

 

そこで私たち夫婦ふたりの経験をもとに、格安SIMに移行して通信費を下げる「これだけでOK」といった具体的なアクションプランを提示します。

 

現在3大キャリア(docomo、au、softbank)と契約中の方は、この記事を読んでいただくことで、夫婦ふたりで年間12万円を節約することができます。

そもそも格安SIMって何?初心者向けに仕組みを解説

SIMカードは、スマホに入っている以下のようなICチップのことです。

simカード

SIMカードには、固有の情報(電話番号など)が記録されていて、どこの誰かをハッキリすることで、電話やインターネットが使える仕組みになっています。

シン
シン
3大キャリア(docomo、au、softbank)のスマホにも、SIMカードは入っているんですよ。

つまり、電話やインターネットを使える仕組みはどのスマホも同じ。

3大キャリアと格安SIMの違いは、料金プランとサービスと思っていただければOKです。

ポン
ポン
格安SIMの良い点・悪い点は以下の通りですね。
  • 通信費が毎月5,000円ぐらい安くなる
  • 3大キャリアに比べると通信が遅くなることがある
  • LINEのID検索が使えない
  • キャリアメールが使えない
シン
シン
わが家は「ワイモバイル」と契約していますが、朝夕の満員電車でも不自由なく使えており、通信速度の不満はありません!
ポン
ポン
LINEはID検索が使えなくても、QRコード検索ほか複数の友だち追加方法があるよね。Gmailも使っているから、キャリアメールもいらないね。

ということで、わが家にとっては一切悪い点はなく、年間まるまる12万円削減できたことになります。

【断言】違約金を払ってでも格安SIMに乗り換えるべき理由

格安SIMへの乗り換えで必ず出てくる悩みが、

まだ○年縛りの途中で、解約金が発生するんだけど、どうしたらいいの?

というもの。解約金がもったいなくて、乗り換えに踏み出せない方も多いはずです。

 

でも、冷静に考えてください。結論は違約金を払ってでも乗り換えたほうが良いです。

キャリアから格安SIMに乗り換えるだけで、1人あたり年間6万円が浮くワケです。

仮に違約金に3万円かかったとしても、3万円のお釣りがきます。

シン
シン
感情ではなくて、数字で考えることが大事ですね。

 

ちなみに、2019年10月から電気通信事業法が改正され、「不当な囲い込み」が禁止されました。これにより、従来1万円を超えた違約金が1,000円以下に押さえれられています。

2019年10月1日以降に新料金プランを契約した方は違約金が激安なので、即乗り換えた方がお得です。

もちろん、旧料金プランの方も間違いなくお得なので、今すぐ乗り換えるべきですね。

【簡単】格安SIMに乗り換えるたった3つのアクションプラン

それでは具体的に、格安SIMに乗り換えるためのアクションプランをご説明します。

具体的には以下の3点になります。

  1. SIMロックを解除しよう
  2. MNP予約番号を取得しよう
  3. 乗り換え先の会社と契約しよう
シン
シン
それではさっそく、詳しくみていきましょう!

①SIMロックを解除しよう!

現在3大キャリアのスマホをお使いの方は、SIMカードにロックがかかっています。

実は、手元のスマホにそのまま、契約した格安SIMのSIMカードを挿入しても動きません

シン
シン
「うちのSIMカードしか使わせまへんで〜」という囲い込みですね。笑

でも、安心してください。SIMロックは、各キャリアのHPから自分で簡単に解除することができます

ショップに持ち込んで解除もできますが、手数料(3,000円ぐらい)を取られるので、ググりながら自分で頑張りましょう!

ポン
ポン
新しくスマホも換える方は、SIMロックフリーのスマホを買いましょう。そもそもロックがないので、手続き不要ですよ。

②MNP予約番号を取得しよう!

スマホを乗り換える際、大半の方は今お使いの電話番号を継続して使いたいはずです。

そのため、MNP(=Mobile Number Portability)予約番号を取得しましょう。

 

MNP予約番号とは、今の携帯番号をそのまま使うための手続きに必要な番号です。

現在契約しているキャリアのHP(またはコールセンターへ電話)で取得できます。

ポン
ポン
MNP予約番号には有効期限(15日)があるので、次の乗り換え先の会社と契約する直前に取得するのがおすすめですよ。

③乗り換え先の会社と契約しよう!

格安SIMはウェブサイトから簡単に申し込むことができます。

ネットでの契約に抵抗がない方は、ウェブからサクサク進めていきましょう。

シン
シン
ちなみにわが家は、ポンの希望で近くの家電量販店内のショップで契約しました。
ポン
ポン
3大キャリアと契約する時と一緒で、ていねいに対応してくれて、安心だったよね。

 

乗り換え先の会社はどこも似たり寄ったりなので、ご自身のお好きなところでいいかと思います。

初めての格安SIMに不安な方は、店舗がたくさんあって通信速度にも定評のある、「ワイモバイル」「UQモバイル」をおすすめします。

シン
シン
楽天ユーザーの私たちには、「楽天モバイル」も捨てがたいですが、楽天がキャリア参入したばかりなので今は様子見中です。

まとめ:今すぐ格安SIMに乗り換えて年間12万円を節約しよう

本日は、夫婦ふたりでスマホ代を年間12万円を節約する方法について解説しました。

この後みなさんが実施する、具体的なアクションプランは以下の3点でした。

  1. 今使っているスマホのSIMロックを解除する(SIMロックフリーのスマホを買う)
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 格安SIMと契約する

さっそく格安SIMと契約し、豊な生活への一歩を踏み出しましょう。

シン
シン
わが家で節約できたスマホ代12万円は、貯蓄と投資(資産運用)に回しています。
ポン
ポン
まだ3大キャリアをお使いの方は、ぜひ格安SIMに乗り換えてみてくださいね。