家計見直し

【必見】車検費用をネット予約で格安にする方法【楽天car車検】

syaken

シンとポンです。

本日は、車が生活に不可欠な方にとって、重い負担となる「車検費用」についてです。

車検費用がめちゃくちゃ高いんだけど、コストを抑えられないの?

多くの方が、こんな悩みを抱えているかと思います。

 

結論ですが、楽天car車検を使いましょう。簡単に安い業者がみつかり、車検費用を抑えることができます。

なんとなく車を買ったディーラーに車検をお願いしている方は、この記事を読んでいただくことで車検費用が安くなる可能性大です。

シン
シン
仕事のお付き合い上、自動車業界について詳しくなってしまった僕が、徹底解説していきますよ!

車検って結局何にお金がかかってるの?【実は知らない内訳】

まずは車検にかかる費用の全体像を知っておきましょう。

syaken_summary

車検基本料・その他諸費用は「点検・整備料」「検査料」「車検代行・書類作成料」などで業者によって変わる部分です。

法定費用は、「自賠責保険」「自動車重量税」「印紙代」です。この部分は一律金額が決まっています。コストを抑える余地はゼロです。

 

以下は、1.8Lクラスの車を車検に出した際の見積もり例です。

①車検基本料・その他諸費用②法定費用
定期点検料27,000円自動車重量税24,600円
完成検査料11,000円自賠責保険料21,550円
代行手数料11,000円印紙代1,200円
合計49,000円合計47,350円
トータル:96,350円

ポン
ポン
つまり、①車検基本料・その他諸費用が安い業者に頼む方がお得ってことだね!

楽天car車検を使って車検費用の安い業者にお願いしよう

業者によって変わる「車検基本料・その他諸費用」を下げるには、楽天car車検で安い業者を探しましょう。

簡単に価格や口コミなどを比較でき、車検後は楽天ポイントまでゲットできるお得なサービスです。

  1. 価格・条件・口コミなどを簡単に比較しネット予約可能
  2. 加盟店4500以上!最寄りの業者を検索可能
  3. 見積もり&車検完了で楽天ポイント1,000〜2,500ptゲット
ポン
ポン
でも、ここで検索して出てくる業者って、オートバックスやガソリンスタンドが多いんだね。ディーラーの方が安心じゃないの?
シン
シン
良い質問だね。正直、車検ぐらいならディーラーじゃなくても十分だよ。次で解説していきます。

「車検はディーラーの方が安心」は都市伝説

日本には、「①ディーラー」と「②整備専業」2つの整備業者が存在します。

①ディーラー車の販売から整備まで行う業者。
トヨタ、日産、ホンダなど
メーカー名がついているのが特徴。
②整備専業車の整備を専門とする業者。

シン
シン
ディーラーの方が費用は高いけど、技術力もあって安心!というのが一般論のようです。本当にそうなのでしょうか?

 

実は日本の車検制度は、「国が実施するもの」と「国の代わりに民間の業者が実施するもの」の2つに分かれています。

国が実施するもの国の車検場での車検(ユーザー車検がこれに該当)
国の代わりに民間の
業者が実施するもの
ディーラー・整備専業での車検

 

民間の業者は、みなし公務員として国の代わりに車検を実施する制度になっており、厳しい国の認可を受ける必要があります。

また、この認可を取得・維持するには、定められた設備の導入一定数の国家整備士の雇用、現場を管理監督する責任者の任命・年1回講習の受講などが義務付けられています。

 

つまり、ディーラーも整備専業もこの認可をパスしており、車検の「安心」は国の制度で担保されているということです。

そう、車検に関して言えば「ディーラーの方が安心」は都市伝説なのです。

シン
シン
ディーラーはメーカーから専門的な教育を受けているので、技術力が高いのは確かです。
ポン
ポン
車が故障した時は、その車のスペシャリストであるディーラーでみてもら方がよさそうだね。

まとめ:車検は楽天car車検で格安業者にお願いしよう

本日は、車が生活に不可欠な方にとって、重い負担となる「車検費用」についてでした。

車検費用を抑えるポイントは以下の2点です。

  • 楽天car車検で安い業者にお願いする
  • 車検はディーラーじゃなくても十分安心(整備専業でOK)

法定費用は一律決まっていますので、車検基本料・その他諸費用(業者のもうけ)が低いほど、わたしたち消費者の車検費用は安くなります

そして、業者のもうけ分は「ディーラー>整備専業」というケースが多いです。つまり、整備専業にお願いした方が安く済むということになります。

シン
シン
業者間で過剰に競い合うのは喜ばしくはありませんが、車検は項目が決まっているので、ディーラーならではの付加価値は見出しにくいのが実情です。
ポン
ポン
車の点検費用についてもまとめましたので、参考にしてくださいね。
tenken
【重要】車の点検について正しく理解し費用を抑える方法【体験談】生活に車が欠かせない方にとって、負担となる点検費用。実は点検について正しく理解し、自分に必要な分だけを実施することで、費用を抑えることが可能です。私たちの体験談も踏まえて解説していきます。...