雑記(ブログ運営ほか)

【 Twitter】重要なツイートをSlackに自動通知する方法

twitter_slack

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

Twitterを始めてからたくさんの方と交流ができるようになると、嬉しい反面、タイムラインを流れる情報が多すぎて、重要なツイートを見逃すことがありませんか?

 

本日お伝えしたいことは、この問題はTwitterとSlackを連携すれば解決するということ。

実は、あるアカウントのツイートだけをSlackに自動通知することが可能です。

シン
シン
私はリベ大@両学長やマコなり社長など、インフルエンサーのツイートをSlackに自動通知しています。
ポン
ポン
個別にアカウントをチェックしたり、タイムラインを遡る必要がないので、ラクですよね。

 

情報収集(インプット)は非常に重要ですが、つい気を抜くとかなりの時間を要します。

うまくツールをつかって、ヌケモレなく効率的に実施しちゃいましょう。

シン・ポン
シン・ポン
ぜひ、参考にしてください。

Slackとは

Slackはビジネスチャットアプリです。

MicrosoftTeamsと並んで業界トップ2なので、仕事でも使っている方も多いと思います。

 

このSlackですが、外部アプリとの連携が非常に優秀で、自分個人用として使う「ひとりSlack」が便利です。

シン
シン
フリープランでも、直近のメッセージ10,000件の確認、ファイルストレージ5GBの利用が可能です。
(例)ひとりSlackでできること
  1. メモとして活用
  2. RSS配信を読む
  3. TwitterやInstagramのビューワーとして使う

ポン
ポン
今日紹介するのは③のTwitterのビューワーとして使うパターンです。

TwitterとSlackを連携してできること

TwitterとSlackを連携させておけば、あるアカウントのツイートを全てSlack(スマホ・PC)に通知することができます。

シン
シン
実際スマホ(iPhone)には、以下のように通知されます。
slack1

 

ポン
ポン
通知を開くと、ツイートそのものが確認できるんですね。

TwitterとSlackを連携させる方法

Slackを使うのが初めての方は、まずはアカウント作成をしましょう。

Slack
Slack
開発元:Slack Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ
ポン
ポン
やり方がわからない方は、youtubeに解説動画があるので参考にしてください。

 

Twitterとの連携ですが、以下の通りSlackのHPで詳しく案内されています。

  1. Slack の App ディレクトリで、Twitter アプリのページにアクセスします。
  2. 「Slack に追加」をクリックします。
  3. 「Twitter インテグレーションの追加」をクリックします。
  4. Twitter で認証を行うには、「Authorize app(アプリを認証する)」をクリックします。
  5. Slack で追跡したい Twitter アカウントの @ユーザー名を入力します。
  6. 表示するツイートを選択します(何も選択しないと、ツイートは表示されません)。
  7. そのツイートを Slack 内のどこに表示するかを設定します。既存のチャンネルを指定することも、新しいチャンネルを作成することもできます。
  8. 選択が終了したら、「設定を保存する」 をクリックします。

(引用)Slack|TwitterとSlackを連携させる

 

手順⑤〜⑦について少し補足します。

 

手順⑤では、Twitterのアカウント(@以下)を入力しましょう。


手順⑥では、アンダーラインを引いた2項目のみチェックすることをおすすめします。

おすすめチェック項目
  • このアカウントから送信されたツイートを掲載
  • このアカウントから送信された@リプライを除外する

 

この設定をしておけば、純粋にそのアカウントのツイートだけが通知されるからです。

シン
シン
RTやリプまで含めちゃうと、通知が山のように届いて、見たいツイートが埋もれてしまいます。

 

手順⑦では、通知したいチャンネルを設定しましょう。

slack4
シン
シン
私は自分の情報収集用botとして、「info-bot」というチャンネルを作っています。

 

あとはスマホアプリ側でもプッシュ通知をしておけば、ツイートを見逃すことはありません。

まとめ

本日は、あるアカウントのツイートだけをSlackに自動通知する方法を紹介しました。

 

この方法を使えば、Twitterで多くの方とつながることができ、タイムラインの情報が膨大になっても

この人のツイートだけは絶対に見逃したくない!

といった課題を解決できます。

ポン
ポン
効率的にヌケモレなく情報収集ができるのも嬉しいですね。

 

「ひとりSlack」にはまだ便利な方法がありますので、ぜひ興味のある方はご自分でも調べて試してみてください。

シン
シン
プログラミングができれば、株価などをネット上から自動取得し、Slackに通知するなんてことも可能です。

 

シン・ポン
シン・ポン
以上、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。