資産運用

【米国ETF】VTIの特徴・魅力まとめ【米国中の株式に分散投資】

vti

 

シンとポン(@ShinPon_Money)です。

わが家は【VTI80:現金20】のシンプルな資産運用(インデックス投資)を実践しています。

※つみたてNISAは、楽天VTIです。

 

本記事は主に、これから米国ETFやVTIに投資をしてみたい!という方向けに書いています。

VTI一択で投資しているわが家なりに、その特徴・魅力を紹介していきますので、よろしくお願いします。

シン
シン
低コストで米国全体に分散投資ができ、魅力的な銘柄です。
ポン
ポン
ぜひ、参考にしてください。

 

 

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFとは

VTIは、世界最大級の投信会社「バンガード社」が展開するETFです。

設立日は2001年5月24日で、長期間投資家に愛され続けています。

 

連動する指数は、CRSP USトータル・マーケット・インデックス。

理論上最も効率的なポートフォリオとされる、時価総額加重平均インデックスです。

この1本のファンドで、米国中の約3,600社の上場企業に投資できるのが特徴です。

シン
シン
なお、トップ10の構成銘柄は以下の通りです。
ポン
ポン
Apple、Amazon、Google(Alphabet)など、わが家もお世話になっている会社ばかりです。

top10
(引用)バンガード・インベストメンツ・ジャパン

 

純資産額は約21.1兆円

VTIの純資産額は、2020年12月31日時点で201,171百万ドルとなっています。

モーニングスターより引用

1ドル=105円で計算した場合、なんと約21.1兆円となります。

シン
シン
わが家がつみたてNISAで投資している「楽天VTI」の純資産額は1,886億円ですので…
ポン
ポン
本家VTIと楽天VTIの純資産額は、約11倍の差があることになります。

 

経費率はなんと0.03%

経費率0.03%も大きな特徴・魅力です。

バンガード社は投資家の目線に立って、「コストの最小化」を重要視しています。

2019年4月には、VTIの経費率が0.04%から0.03%へ引き下げられました。

シン
シン
コストに対するバンガード社の哲学は、「バンガード4つの基本原則」に詳しく綴られています。

 

なお、バンガード社の創設者であるジョン・C・ボーグル氏は、著書「インデックス投資は勝者のゲーム」でも幾度となくコストの重要性を説いています。

ポン
ポン
最近、夫の愛読書になっているようです。

 

買付手数料が無料

ネット証券大手の「楽天証券」「SBI証券」では、VTIの買付手数料が無料となっています。

両ネット証券とも、通常は約定代金の0.495%(最大税込22ドルまで)の手数料が発生するので、非常にお得です。

シン
シン
長期投資するうえでコストは低ければ低いほど良いので、非常にありがたいです。
ポン
ポン
VTIの他にも、VT・VOOなどは手数料無料となっています。以下HPで確認してください。

※その他証券会社は調べていませんが、マネックス証券あたりも買付手数料無料のようです。

 

2021年1月時点の市場価格と分配金利回り

VTIの1口単価はおよそ200ドルです(2021年1月末時点)。

1ドル=105円で計算した場合、1口購入するのに21,000円が必要となります。

 

設定来のチャートは、以下の通りです。

total_return(引用)ETFreplay.com

シン
シン
米国経済の成長に合わせて、右肩上がりのグラフを描いていますね。

 

なお、最新の分配金利回りは1.38%でした(SBI証券より)。

算出方法が異なるので、サイトによって分配利回りが違いますが、毎年大体1〜2%のようです。

ポン
ポン
わが家なりに、過去5年分の分配利回りを算出してみました。
分配金利回り分配金
(Q1〜Q4合計)
基準価格
(その年の最終営業日)
2020年1.42%2.7694$194.61$
2019年1.77%2.9047$163.69$
2018年2.04%2.6046$127.56$
2017年1.71%2.3430$137.15$
2016年1.92%2.2150$115.28$

(引用)バンガード・インベストメンツ・ジャパン VTIページのデータより算出

計算式

2020年の分配金利回り(%)
=1年間の分配金÷基準価格(その年の最終営業日の価格)
2.7694$÷194.61$×100
=1.42%

 

VTIを人気のVT・VOOと比較してみた

バンガード社が展開するインデックスファンドETFでは、以下の2銘柄も人気です。

  1. VT(全世界株式)
  2. VOO(S&P500)

 

3銘柄の主要な項目を比較すると、以下の通りです。

 VTIVTVOO
設定日2001/5/242008/6/232010/9/6
純資産額
(単位:100万ドル)
201,17116,975176,625
経費率0.03%0.08% 0.03%
分配金利回り
(’21/1時点 SBI証券より)
 1.38% 1.60% 1.50%
シャープレシオ(※)0.950.660.99

PORTFOLIO VISUALIZERにて算出した直近10年分の数字

 

直近10年チャートは以下の通りです。

vti_vt_voo
(引用)PORTFOLIO VISUALIZER

シン
シン
以上を踏まえると、ここ10年では明らかに米国株の方がパフォーマンスがよかったということになります。
ポン
ポン
今後も同じ傾向が続くかは、神のみぞ知るですね。

 

VTIとVOOどちらがいいか?については、正直どちらでもいいと思っています。

VTIの大部分は時価総額の大きいS&P500の銘柄が占めており、ほぼ相関関係にあるためです。

わが家は、S&P500に含まれない中小企業約3,000社にも投資できるVTIの方が好みです。

 

VTIに投資するならいつ!?

結論としては、VTIに投資を決めたそのタイミングです。

なぜなら、今後の相場は誰にも読めないからです。

 

わが家は投資を始めてから1年間、一括投資にビビってドルコスト平均法で投資をしてきました。

しかし、合理的でないことに気づき、今は一括投資に切り替えています。

せっかく投資できるお金が手元にあるのに、遊ばせておくのはおすすめできません(笑)

no_dollar_cost_averaging
【 VTI長期投資】一括投資をする理由とその方法【脱:ドルコスト平均法】【VTI80:現金20】のシンプルなインデックス投資を実践するわが家。ドルコスト平均法をやめ、一括投資をする理由とその方法についてまとめました。...
シン
シン
アセットアロケーションを決めたら、その範囲で一括投資をするのがベストだと考えます。
ポン
ポン
わが家の投資手法は、以下の記事にまとめています。
investment_vti
【VTI80:現金20】わが家の投資手法とアセットアロケーション【VTI80:現金20】のシンプルなインデックス投資を実践するわが家。その投資手法とアセットアロケーションについてまとめました。...

 

まとめ

本日はVTI一択で資産運用をしているわが家が、VTIの特徴とその魅力について紹介しました。

再度おさらいすると、主な特徴・魅力は以下の通りです。

  1. 中小企業を含めた全米の上場企業に分散投資できる
  2. 純資産額は20兆円超え
  3. 経費率は0.03%と格安
  4. 1口単価は約200ドル
  5. 分配金利回りは約1%〜2%
  6. 直近10年では全世界株式よりハイパフォーマンス
シン
シン
今後も米国1強が続くかどうかは、誰にもわかりません。
ポン
ポン
ですが、今後も米国が世界経済の中心であり、一般家庭の資産運用にはVTI1本でも十分だと考えています。

 

後半では、VTIに投資する場合、ドルコスト平均法ではなく一括投資をおすすめしました。

もしリーマンショック級の暴落が起きた場合、資産が半減する恐れもあるわけですが、手元に現金があれば怖くはありません。

そのためわが家は、生活費1年分を除いたお金を、【VTI80:現金20】で運用しています。

シン
シン
人的資本によるキャッシュフロー(給料)もありますしね。

 

重要なのは、自分たちが決めたアセットアロケーションを守りながら、市場から降りずに長期継続することだと思っています。

わが家の投資手法が、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

シン・ポン
シン・ポン
以上、シンとポンでした。

 

シン
シン
わが家はサイドFIRE(早期リタイア)を目指し、「家計見直し×転職・副業×資産運用」について発信しています。
ポン
ポン
色んな情報の中から、自分たちが考えたこと・実践したことを記事にしていますので、参考にしていただけると嬉しいです。
loadmap
【保存版】夫婦で目指すサイドFIREロードマップ【5,401文字で解説】わが家のサイドFIREロードマップについて紹介します。サラリーマン家庭における、ひとつの戦略として参考にしてもらえると嬉しいです。...